バイオレンス

選抜総選挙2016 魚魚カルチョ
大きく艶やかなヒレが特徴。ほとんど流通にのることはなく、産地周辺で売り買いされることがほどんど。背鰭に毒のある棘があるので、取り扱いが難しいのも難点。難しい魚ほど売り出しがいがあるかも。
鱗は針のようで触るとチクチクするが刺さることは少ない。皮は非常に厚い。気になる針の数は1000本ではなく、300~400本程度とかなりのサバ読み。食べられる部分は少量。
一般名エソ。高級すり身として重要で、鮮魚としては骨が多く安くほとんど流通しない。ワニエソ、トカゲエソなどの種類もいることから、鋭い歯はやはりバイオレンスに属する。
喉が黒いのでノドクロと呼ぶ地域もある。カサゴになることを夢見ているから名付けられたのかは不明。(まるで恋に恋するアイドルかのよう)。煮付けがおいしい。
細長い尾に毒を保有。主に練製品原料として使用されるがエイの中では美味。煮付けがメジャーだが、ムニエルなどもおすすめ。
全体に褐色で頭が大きく、皮はぶよぶよ。夏と冬では為替相場もびっくりな価格差10倍。鍋料理によく使われる。ちなみに相撲用語の「あんこ形」とはこれはもともと「魚のアンコウのような体型」という意味。
生きている時は眩しいほどの銀色をしていることからこの属名が付けられた。流通量は少ないものの、フライなどの油料理にすると美味。
属名の語源は浮き袋を使ってググっと鳴く。これが愚痴を言っているようなので。鮮魚以外にも練り製品として流通されている。劣化が激しいアイドルのように非常に鮮度落ちが早いので注意。
トゲを持っているので、刺される可能性があるので注意。身質がよく、おいしいが磯臭いことと、刺毒があるので好んで食べられることは少ない。最近地元磯津エリアで売り出し中。
ハワイではマヒマヒ。フライやムニエルなどで人気。2m前後になる大きな魚。ワールドワイドで生息し、味もいいのにいまひとつ人気が出ない。歩留まりは良い。
一般名タチウオ。銀白色で著し平たく、細い帯状で細長い。実は鱗が無い。夜間に活動するので、アイドル的にはどうかと思うが料理法は様々で人気。小さなモノは価値が低いので、期待される魚。
いわゆる鮫(さめ)の1種。ホシザメがもっとも普通に沿岸域で見られるもので、鮫のなかでもっとも味がいいと定評がある。地元では「フカの湯ざらし(湯引きして辛子酢味噌を付けて食べる料理)」としてスーパーなどで通年売られている。淡泊で、嫌みのない味わい。

チーム紹介。「イケメン」「美少女」「きもかわいい」「バイオレンス」の4つのチームです。

  • イケメン
  • 美少女
  • きもかわいい
  • バイオレンス