ビショウジョ

選抜総選挙2016 魚魚カルチョ
お尻で発光バクテリアと共生していて光ることから「ホタル」の属名が付いている。自分でペンライト持参という用意周到さ。鮮魚としての利用はほとんどなく、愛媛のじゃこ天の原料の代名詞にもなっている。
別名オキヒイラギ。発光バクテリアと共生していてこの魚も光る。非常に平たく身はほとんどない。鮮魚としては利用されずもっぱら干物。
ヤリイカはメジャーだが、不揃いや傷物ということで不憫な扱いを受けるビショウジョたち。調理方法(売り出し方法)でシンデレラストーリーを歩むべく努力中。
別名アマタカレイ。表側の左右に3対の虫食い状の斑文がトレードマーク。大きいものは流通に乗るが、小さいものは格安。
大型になるとおでこが目立って隆起してくる。バラレンと同じく、かつては縁起物として欠かせない魚であったが、最近はやや敬遠気味。国内でとれる赤い鯛3種(マダイ、チダイ、キダイ)のひとつ。
決して整形でない、非常に大きな目が特徴。練製品原料としてよく使用される。高知県沖でよく揚がる。南蛮漬けとしての評価大。
旬は春。ホウボウに似ているが、希少であり活躍の場が少ない。料理次第で人気に火がつく可能性も。
名前の由来は這う魚(はうさかな)がホウボウに転訛したとか鰾(浮き袋)の振動による鳴き声が「ほうぼう」と聞こえるための説あり。上質の白身で大きいものは高級魚として引く手数多だが、小さいものは人気が出ない。
見た目が鮮やかな赤灰色で、鮮やかな外見からネーミングされたとされる。主に練製品が主で、利用頻度は低い。
捕まえようとすると噛み付いてくる。ちょいと例えが古いがエリカ様なビショウジョ魚。イライラさせるから「イラ」とも呼ばれる。旬は晩秋から初夏。
2本のヒゲが特徴的。実はヨーロッパでは中型以上のものは高級魚。山陰では金太郎という名称でも売り出し中。
西日本全域でよく獲れるタイの仲間。昔は縁起物で人気であり、あまり大きくならないので真鯛の代用品的な役割を果たしてきた。今は外タレに押されて人気低迷。料理方法は多彩だが、塩焼きが定番。旨みが凝縮し、香ばしさが増す。

チーム紹介。「イケメン」「美少女」「きもかわいい」「バイオレンス」の4つのチームです。

  • イケメン
  • 美少女
  • きもかわいい
  • バイオレンス